本文へスキップ

玄々化学工業株式会社は木材用塗料を開発・製造・販売を専門とするメーカーです。

TEL. 0567-28-9207

〒496-0005 愛知県津島市神守町字中ノ折74

採用情報RECRUIT

どんな社員・会社・職場環境が求められているか?
★「社訓」にあるような社員であって欲しい
[我が社の社訓]
1.一人ひとりが「顧客・社員・会社の利益」をしっかりと認識し、日々この三つの利益を創り出すために働こう。
2.一人ひとりが「危機感と向上心」を原動力として納得ずくで働こう。
3.一人ひとりが「ゆとり」を生むために目いっぱい働こう。
 当社の経営理念の最初に「樹は伐るべからず、されど木は用うべし」と標記されていますが、環境の時代に向けて森林資源の重要性と人間の生活にとってかけがえのない自然素材としての有用性を大切にする木工用塗料メーカーでありたいと願って定めたものです。
 又、社訓は社員の一人ひとりが当社の財産であり、その一人ひとりが強い『絆』で結ばれ成長し、一人ひとりが社会に少しでもお役に立つ存在でありたいとの願いを込めて定めたものです。

社訓は多くて長すぎてもいけないし(頭に残らないですね)、かと言って、少なく短ければいいと言うものではありません。
入社前の方や新人の方が、我が社の社訓をどのように解釈されるのか、興味がありますね。社訓は経営者からのメッセージとして、時代にマッチして、且つ、適切な長さでありたいと感じていますし、各々の職場で社訓を機に応じてかみくだき、運用をしていく必要性を常に感じています。
ところで、今、職場で正しく運用されていますか?(笑)
★働きがいのある会社でありたい。
 現在は法律で定年時期が段々と延びています。65歳まで働くとすると、20歳からの約45年間の職業人生は非常に厳しく、安穏としておれる時間はあまりありません。
 通勤時間や労働時間を考えると一日の内の約50%の時間は職業人として会社で業務に携わっている事となります。それを考えると「働きがいのある会社」で働くことは社員の人生にとっても非常に重要なことだと考えています。

「働きがいのある会社」とは・・・私見ですが、
1.会社−社長(経営者)−上司(管理者)を、人間として、或いは、組織として信頼できる。
2.自分の仕事や会社、商品、サービスに誇りを持てること
3.組織として連帯感があり、同僚(或いは、お客様)と強い『絆』で結ばれていること
4.適切な評価や処遇、えこひいきや差別がないこと
等々挙げられると思います。
★「楽しく働く」には努力(労力)が必要−コミュニケーションが大事
 完璧な職場や会社など存在しません。人が人を管理(マネジメント)しているからです。
世の中には自分にとって不都合・不機嫌な事象が数多く存在します。その点だけを見ていたら、人生は楽しくありません。
 人生には大きな幸運など減多にありませんが、小さなラッキー(幸運)をいくつも自ら見つけ出す努力が必要です。プラス思考が楽しく働く秘訣だと感じています。

 又、人間関係(上司や同僚との関係)の壁を乗り越える事も大切です。
現在は「個の時代」と言われ、あまり群れる機会がありません。
 そのため、人間関係が一度こじれてしまうと、お互いが『心』の壁を作り、溝を掘って、気づいた時には修復不可能と言う話をよく聞きます。非常にもったいない話です。
お互いが歩み寄って、壁や溝を取り除いていかなければ、いつまでたっても『楽しく働く』環境ができません。

 私はアフター5の時間も大切だと考えています。食事やお酒が入る機会を設けて、気軽な会話の中から知らず知らずの内ににコミュニケーションギャップを解消していくことができます。
 又、人との交わりに積極的に自分の「時間と身銭を切る」ことを「自分への投資」と考える発想が大切です。
(補足:当社では、職場毎のコミュニケーションをより良い方向へ進むよう、一人当たり年間15,000円の補助制度があります)

今はどの職種から選択する時代ではなく、どの職場で働くかを選択する時代だと思います。
自分に合った職場を選択した後は、自分を磨く努力や労力も忘れずに日々精進して下さい。
■ 人材育成制度
 人材育成に対する取組み

”樹は伐るべからず、されど木は用うべし”――この理念を実現していくのは、なんといっても『人』です。
環境を保護しつつ、新しい価値を生み出していくには、専門的な知識・能力を身につけた玄人(プロ)が求められています。
誰にも負けない高い専門性を持ちながら、自らの考えをもち、組織を生かして”新しい成長”を実現できる人材づくりが重要で、一人ひとりの能力を高め、革新を実現する人材の育成が必要であります。これが玄々化学の社員の基本像です。

〜 キーワード 〜

   「挑戦=まずやってみよう」
   「創造=違いを生み出そう」
   「継続=あきらめず、しつこく」


 さらに、礎(いしずえ)となる将来の人材を育成する為に、修得した能力を伸ばし、仕事の成果につなげていけるような教育・評価(目標管理制度)などの仕組みや、教育への投資を積極的に進めています。
新入社員の育成  〜基礎を徹底的に〜
 社会人としての基礎を徹底して訓練・指導していきます。
外部機関での新人研修はもちろんのこと、社内教育でも半年間で全部署の一般的な業務を実践して頂きます。
この期間で、業務内容の修得はもちろん、各部署に所属する様々な社員と接する事で、早く会社に馴染むことができます。
 また、新入社員の特典として外部教育機関で英会話を学ぶ事ができます。(期間は1年間)。
 費用は、会社で負担しますので、英語力を向上して業務はもちろんのこと、プライベート(海外旅行等)でも生かして下さい。
玄人(プロ)の育成
貴重な人材をいかに速く育て、玄人(プロ)としての力を持たせていくか。これを実践する人材育成において、
 (1) OJT(On the Job Training)
 (2) 研修
 (3) 自己の研鑚
の三つを満たしていることが重要だと私たちは考えています。この三つが好循環するよう、現場や社員一人一人との対話を心がけながら、さまざまな取り組みと行っています。
 OJTでは、新入社員にはマンツーマンで経験豊富なベテランと組んで業務を行なう内に必要な知識と技能が身につくような指導が行われています。
 又、社内研修として、月1回の土曜出勤日を利用して、会議や勉強会などの場を通じて業務及び専門的な知識・技能の修得に励んでおります。こうした勉強会などについては「法律の改正」等を題材に、現場の第一線で活躍している社員の指導のもと、参加者がチーム討議や個人ワークを通して理解し、解決策を導き出します。
 解決策を互いに発表し合うことによって、指導役も含め参加者全員が、実際の業務に対処するための「気づき」を得られるのです。
そのほか、社外で実施されている研修への派遣についても積極的に実施しております。
社内有資格認定制度
ある一定の資格要件を満たした社員に対して、有資格者として認定し、更なる能力向上につなげる制度です。
一例として、調色検証者・塗装技能者などがあり、約20種の資格が認定されております。
人を活かす仕組み
《評価・人材育成制度》
目標管理制度を使用して社員個々の能力開発と業績評価のために、上司との面談を通じて、半期ごとに各社員が目標を明確にし、
その目標の達成度合いを確認・評価しています。
■ 若手社員の声
〜 若手社員の声 〜
外部からは、なかなか社内の実際の仕事を見たり経験などを聞く機会がありません。
そこで入社してから1〜3年の若手の方に色々インタビューしてみました!
●現在の仕事は? どんな面白さや苦労がありますか?
[営業部販売課]
主にルートセールスが主体となっています。具体的には、当社の製品を取り扱って頂いている販売店様へ伺って、お客様の要望を聞き、その内容に関しての提案を行ったり、見本になる板の作成を行ったりしています。
化学知識がゼロだったので、最初は大変でしたが、諸先輩の指導の元で勉強を重ねて、お客様から喜びや感謝の声を頂けると、自分の成長が実感できてすごく嬉しいですね。
[営業部業務課]
販売促進に必要な製品のカタログ作成や、完成間近の新製品のテストを行っています。又、展示会や商品説明会の準備や実際に参加して、お客様に製品の説明を行ったりもしております。自分の企画した製品が正式にリリースされて市場に出回るときはとても嬉しいです。その分、責任もあるので、その製品の売上状況が気になって仕方ありません。
[技術部研究開発]
当社が販売している既存の木工用塗料の改良試験やそのサポートを行っています。又、お客様からの個々の要望に対しての既存製品の改良試験−開発を行っています。市場ニーズに沿った新しいテーマを選定し、新製品の開発を行なっています。責任を求められる仕事をまかされているので、うまく物事が進んだ時に達成感があります。
[生産部]
工場内で当社が販売している木工用塗料の製造を行っています。工場内は冬は寒くて夏は暑いので体力が要りますが、一日の終わりには「仕事をしたなぁ」と言う充実感に満たされますね。
●入社前に疑問・不安だった事
・化学工業関係の会社に勤めるに当たって、化学専門的な知識が全く無かった事。(文系出身者)
 ⇒未経験者でも、OJTによる教育等で、ほとんどの方が問題なく業務に必要な知識を習得できます。営業部や生産部では
  文系出身者の方も多く在籍していますので、安心して下さい。但し、研究開発部を希望される方はほとんどが理系の方です。

・塗料に関する知識が全くないので、すぐに身につける事ができるかどうか不安でした。
 ⇒毎日取り扱うので、塗料に関連する知識は次第に覚わります。
  (塗料の専門的知識は一般の方が想像している以上に奥が深いです。)

・学生気分が抜けるかどうか、社会人として上手く社会−組織に適応できるかどうか。
 ⇒本人の気持ちの持ち方次第です。未経験な環境では誰もが最初は戸惑いますが、次第に慣れていきます。

・女性が比較的少ない職場なので、うまく順応できるかどうか。
 ⇒問題ありません。周囲が気を遣って楽しく話し掛けてくれるのですぐに馴染めます。但し職場では、男女関係無く平等に
  仕事が与えられます。もちろん、出産、育児に関する制度を法律に定められた通り採用しておりますので、将来、結婚−
  出産された後でも普通に在籍して職務に励んでいる社員の方もおられます。
●入社してからのメリット・自身の変化
・住宅や木製品を見ただけで、製品の品質の良し悪しを見分けられるようになった。
・木工用塗料の会社なので、自分で自宅の塗装(木部分)ができるようになった。
・DIYに興味をもち、自分で戸棚や本棚を作ったりできるようになりました。
 (DIY・・・Do it yourselfの略 意味・・・「よりよい暮らしと住まいを自分たちでつくろう」)
・会社がメーカーなので、製造原価に興味を持つようになり、日常生活でも「あの製品は原価がどれくらいだろう」と言う視点を
 持てるようになった。
●学生の皆様へのアドバイス/メッセージ
・挨拶はとても重要です。社会人としてしっかり挨拶できるように心掛けて下さい。 
 (当たり前の事のように思いますが、社会では「挨拶も十分できない人に仕事ができるのか?」と見られてしまいます)
・「新鮮さ・仕事に対する素直な疑問・目新しい視線」など新人しか持っていない武器があります。どんな大ベテランでも
 社会人1年目は誰もが経験している事なので、不安がらずに自信を持って自己アピールして下さい。
・社会人は規則正しい生活を求められるので朝早く起きるリズムを作っておいた方が良いかと思います。
・やる気や自主性の無い方はこの職場では求められていませんので、心して下さい。
 (どの職場でもそうかもしれませんが、学生の時のアルバイトと社員の仕事は違います。)
・研究開発部希望の方は、「有機化学(高分子)」の勉強をしておいた方が良いと思います。
・分析機器や化学品を多く取り扱うので、実験が好きな人は向いていると思います。(研究開発)
・入社当社は研究開発室や製造現場塗装ブースで塗料の臭いが気になりましたが、排気装置やマスクもあり、又、
 年2回有機溶剤検診も実施されるので、今では安心して仕事に取り組んでいます。
・仕事に慣れない頃は作業着が塗料で汚れたりしてましたが、段々仕事に慣れてくると汚れがなくなります。
 作業着は新品が年2回支給されるので、汚れても安心です。
■ 新卒要網
新卒採用スケジュールについてのお知らせ

2018年3月に卒業(修了)見込みの皆様方
または既卒の方で新規卒業予定者と同じ枠組みによる採用を希望される皆様方

[2018年3月 新卒採用要綱]

[職務内容]
○営業系 今回は募集しておりません
○技術系 若干名(基礎研究 応用研究 製品開発)
  エントリー締切日:お電話又はe-mailにてご確認下さい
  試験日:お電話又はe-mailにてご確認下さい

[待遇]
○初任給 大学卒 205,500円
  昇 給 年1回    賞 与 年2回
  (今回の募集は大学生又は大学院生のみとさせて頂いております)

○休 暇 週休2日制(月1回土曜出勤有り)
  年次有給休暇   特別休暇
  平成27年度実績 : 年間休日 115日 

○就業時間 8時30分から17時00分

○勤務地 本社(津島工場 但し、転勤の可能性あり)
  愛知県津島市神守町字中ノ折74番地

○採用条件 工学部応用化学科の方を優遇

○待遇・福利厚生 各種社会保険制度 (雇用・労災・健康・厚生年金)
  財産形成貯蓄制度
  持株会制度
  退職金制度
  交通費 全額支給(非課税限度額迄)
  各種資格手当制度
  慶弔金制度

[応募要領] お電話又はe-mailにて、下記 本社(津島工場)社長室 総務部
までご連絡下さい。なお、会社訪問につきましては随時承ります。

[連絡先]
玄々化学工業株式会社 本社(津島工場)
社長室 総務課 近藤
〒496-0005 愛知県津島市神守町字中ノ折74番地
TEL: 0567-28-9200  e-mail: saiyou2018@gen2.co.jp


バナースペース

玄々化学工業株式会社

〒496-0005
愛知県津島市神守町字中ノ折74

TEL 0567-28-9207
FAX 0567-28-9219